女の人

新築一戸建てにかかる費用を無理なく支払う方法

個性ある外観と高品質な家

部屋

北欧らしい様々な工夫

輸入住宅の1つである北欧住宅は、外観にも構造にも特徴があります。外観の特徴は急勾配の三角屋根にナチュラルな色の壁があげられます。外壁にレンガやタイルを使用したり、ドーマーと呼ばれる屋根窓をつけるのも北欧住宅で多くみられる外観です。外観のデザイン性の高さも人気な北欧住宅ですが、構造の品質の高さも注目されています。北欧住宅は北欧の厳しい寒さの中でも快適に住めるよう、高気密高断熱であることが特徴です。住宅メーカーによって工夫の違いはありますが、家全体をセルロースファイバーやグラスウールなどの断熱材ですべて囲んだり、外からも内側らも断熱を行うダブル断熱を取り入れている家もあります。また、高気密高断熱を実現させるために、通常の窓よりも厚みがある窓を3重に使い、サッシ枠よりも高い気密性を得ることができる木枠を使用するなど、開口部からの外気をシャットアウトします。また、180度回転式の窓を採用している場合は、内側だけではなく外側の窓の手入れも簡単にできるという魅力があります。北欧住宅の構造は、2×4、もしくは2×6工法とパネルを組み合わせたものが採用されています。パネルによって面で支える構造になっているため、地震の時の揺れを分散させることができます。北欧住宅を取り扱っている住宅メーカーはいくつかあり、使用する木材へのこだわりや間取りの自由度など、各メーカーごとに特徴が異なるので自分の希望に合う家作りを行ってくれるメーカーを選ぶことが大切です。