女の人

新築一戸建てにかかる費用を無理なく支払う方法

長く快適な暮らしを

住宅模型

劣化を遅らせるために

木材には、日光を浴びると、熱や紫外線の影響で劣化しやすくなるという性質があります。そのため気候が比較的穏やかで、晴れることの多い日本では、木造住宅の寿命が短めとなっています。具体的には、劣化を遅らせるためのリフォームを定期的に行っていても、30〜40年ほどで建て替えが必要な状態になることが多いのです。そのため、年間の日照時間の長さが全国第1位という埼玉では、住宅が特に劣化しやすいと言えます。そのことから埼玉では、できるだけ長く過ごすために、多くの人がマイホームに新築住宅を選んでいます。中古住宅だと、築年数の分だけ寿命が短くなっているため、建て替えの時期が早くやってくることになるからです。新築住宅なら、全体が新品なので、通常の使い方をしている限りは、30〜40年間暮らし続けることが可能です。また昨今の埼玉では、長持ちしやすい新築住宅がさかんに建築されています。具体的には、日光の影響を受けにくいガルバリウム鋼板を屋根や外壁に使ったり、排熱のための換気システムを導入したりといった具合です。このように、新しい技術が多く取り入れられている点も、新築住宅がよく選ばれている理由のひとつなのです。日照時間が長いということは、それだけ天気が良く過ごしやすいということです。さらに埼玉は、首都に近く栄えているため、通勤や買い物などにおける不便の少ない地域として知られています。このように環境の良い埼玉で新築住宅を購入することは、長い人生を豊かにすることにつながると言えます。