女の人

新築一戸建てにかかる費用を無理なく支払う方法

年々増加する中古市場

住宅

環境保護に寄与します

最近まで日本ではマイホームは新築に限るとして、新しく家を建てたら30年後には解体して建てなおすことが一般的でした。しかし、環境保護が叫ばれるようになったり、資材価格が高騰していることから中古一戸建ての購入に目がいくようになってきました。茅ヶ崎で中古一戸建てに注目が集まっている理由として、やはり費用を抑えて理想の住宅が作れることがあげられます。茅ヶ崎の同じ土地で同じ間取りの住宅を新築と築10年の物件を比べると約1000万円程度の差が出てきます。単純に1000万円をリフォームに回すことができる計算となりますが、1000万円あれば大きな間取り変更だけでなく、断熱材を入れ替えることも可能です。半分の500万円でも間取りを変更することもでき、別れていた部屋をつなげて広いリビングルームを作ることも可能です。300万円をリフォームに投じれば、水回りのほとんどを新しくすることができます。補助金の上限や補助金が使えるリフォーム方法や所得制限などもありますので、茅ヶ崎で中古一戸建てを購入する前にしっかりと確認をしておき、忘れないように申請するようにしてください。真新しい新築一戸建て住宅を購入するのも良いですが、リフォームという方法を取れば、中古一戸建ての方が自由度が高いため、より家族の住みやすい理想のマイホームに近付けることができるといえます。茅ヶ崎で住みたい場所を見つけたら、近くの中古一戸建て物件を探してみましょう。