インテリア

新築一戸建てにかかる費用を無理なく支払う方法

年々増加する中古市場

住宅

建て替えをして新築すると廃棄材が多くなるため、環境に負担がかかります。環境保護にもなることにもなり、茅ヶ崎では中古一戸建ての売買が盛んになっています。中古一戸建ては費用を抑えることにもなり、リフォームをしても新築より大幅に費用を抑えられます。

詳しく見る

長く快適な暮らしを

住宅模型

日照時間の長い埼玉では、住宅が日光の影響を強く受けることで、比較的短期間で劣化します。そのことから埼玉では、新しい分長く暮らすことのできる新築住宅が、よく選ばれています。しかも新築住宅では、日光に強いガルバリウム鋼板を屋根材として使うなど、劣化を遅らせるための工夫も凝らされているのです。

詳しく見る

個性ある外観と高品質な家

部屋

輸入住宅である北欧住宅は、ナチュラルな外観と品質の高い構造に特徴があります。北欧の厳しい寒さの中でも快適に過ごせるよう、断熱材や窓の仕組みが工夫され、高気密高断熱を実現させています。構造は木質パネル工法で揺れを面で支えるため地震にも強いのが特徴です。

詳しく見る

予算を考える

室内

予算の大枠を提示して

滋賀県で新築一戸建てを建てる際の依頼先としては、建築家に頼むか、ハウスメーカーや工務店に頼むケースが考えられます。いずれにしてもまず、自分が用意できる予算枠を提示して話しが始まります。ですから滋賀県の家の間取りやデザインだけでなく、コスト面のイメージも明確にして新築一計画に臨みましょう。予算を考える時大事なことは、見積もりに乗る金額だけて新築一戸建てが建てられるわけではないという点です。平均的な木造新築一戸建てのコスト配分は、滋賀県では本体工事費以外に別途工事費16%、諸費用10%程度の出費があると言われています。別途工事費は見積もりが別枠になる費用ですが、電気や水道の工事費の1部といった生活に不可欠なコストも含まれます。諸費用にはローンや登記関係の費用、税金などがあり、こちらは工事費とは別に施主が負担する費用です。本体工事の3分の1程度は上乗せになる出費があると覚悟しなければなりません。滋賀県での新築一戸建て取得資金としては、自己資金とローンに分けられます。自己資金については、貯蓄や親からの資金援助などが考えられます。そのうち貯蓄については、やはり長期的な目を持って早いうちから取り組み始めることが大切です。例えば、2000万円の30%に当たる600万円を目標に貯蓄を始めます。目標を決めても強い意志を持たないと貯まらないのがお金ですから、自動振り込みや給与天引きなど、半強制的な方法を自ら課して貯めていった方が得策です。